プロフィール

Author:村山研究室
東海大学海洋学部海洋生物学科、村山司教授の研究室です。研究室の毎日、実験についてなどを書いていきます。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
668位
アクセスランキングを見る>>
昨日(8/31),毎日新聞の夕刊に,ナックの実験の記事が載りました.

毎日新聞20170831

記事の動画付きで,URLはこちらです
https://mainichi.jp/articles/20170831/k00/00e/040/277000c

これはScientific Reportsという雑誌に載った論文の紹介ですが,ナックによることばの研究の一環で,まずはナックがフィン,マスク,長グツ,バケツの4つの「名詞」を覚えた成果をまとめたものです.
(論文のURLはこちら)
https://www.nature.com/articles/s41598-017-09925-4

ヒトが言葉を覚えるのと同じようにして,ナックはこれらの物の名前を覚えたということで,他の動物では成功しておらず,ナックだけです.もちろん,いずれも世界初の成果.

イルカに言葉を教える研究なんて,そう簡単にできるものではありません.
まずはその方法を探す研究から始め,それを検証するのに何年もかかったわけです.
そして1997年,ようやく「ことば教え」の実験が始まりました.
この論文はそうした研究の,まず最初の一区切りです.

この論文のポイントは,
①視覚と聴覚の両方で物の名前を理解できた
②教えていない(訓練していない)関係を自発的に理解した

私たちヒトが,たとえばリンゴを見て ”リンゴ” と発音したり,「リンゴ」と文字で書いたり読んだりできるのと同じように,ナックも4つの物の名前を視覚(記号)でも聴覚(鳴音)でも理解することができたということです.

ナックって,すごいんです!
スポンサーサイト

2017/09/01(金) 13:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR